つわりは平均でいつから始まる?つわりの前に備えておきたいこと

2020年8月16日

つわり いつから 平均

妊娠が判明してからは、いつからつわりが始まるのか気になりますよね。

つわりが心配な方は備えをしておくと気持ち的にも安心です。

つわりは平均でいつから始まるのか、そしてつわりを恐れていた筆者がしていたつわりへの備えもご紹介します。

スポンサーリンク

つわりは平均でいつから始まるのか

 妊娠が判明し、驚きや喜びを感じているのも束の間、つわりがやってきます。つわりのないラッキーな方もいますが、妊婦さんの8割がつわりを経験するといわれています。

 つわりはいつから始まるのが平均的なのでしょうか。

 つわりの始まりには個人差がありますが、一般的には妊娠5~8週目に始まるのが平均的のようです。筆者の場合も、一人目は6週、二人目は5週につわりが始まりました。

つわりが始まる前に備えておきたいこと

つわりの症状や、重いのか軽いのかは、つわりが始まってみないと分かりません。しかし、つわりが始まる前に備えておけば、つわりが心配な方も気持ち的に楽になるのではないのでしょうか。

筆者は、つわりが怖かったので、つわりが本格的に始まる前に備えをしていました。

筆者が実際にした、つわりへの備えをご紹介します。

※つわりには個人差があります。筆者の紹介する内容に効果がない場合もありますので、参考までにご覧になってください。

シーバンド

吐き気をおさえるツボを刺激するリストバンドです。もともとは、車や船酔い予防のための物のようですが、妊婦さん用にも販売されています。ネット通販で買えますので検索してみてください。

筆者はピーク時に吐き気が強く、効果があったのかはわかりませんが、お守りとしていつも付けていました。

サプリメント

 葉酸・ビタミンB6・鉄分入りのサプリを妊娠前から飲んでいました。

ビタミンB6はつわりに効果があるといわれていて、葉酸も妊婦が摂取することを勧められているので、健康・つわり予防的な意味でサプリを飲んでいました。

甘いお菓子や果物を買っておく

 筆者は一人目のつわり中、空腹で気持ち悪くなり、甘いものや果物を食べると少し楽になっていました。そこで、二人目妊娠判明後は、あめ・グミ・果物などを用意しておきました。

また、一人目のつわりの時は、ビタミンB6が豊富なバナナに助けられていました。二人目のつわりでは、残念ながらバナナが食べられなくなっていたので、柑橘系の果物をよく食べてスッキリしていました。

部屋のレイアウトを変えておく

 つわり中は常に休んでいたいものです。そこで、夫に協力してもらって、ソファや椅子をすぐに身体を休められるような配置にしてもらいました。

つわりを乗り切る方法は徐々に分かってきます

つわりはいつ始まるのか心配になりますよね。少しでも安心するために、備えておくこともできますが、つわりが辛くなってからは、備えたことの効果がなくなってくるかもしれません。

つわりを恐れていた筆者も、なんとか2回のつわりを乗り切ることができました。

つわり中に食べられるもの、楽になるものなどは、徐々に分かってくるかと思いますので、その時に合った対策をとってつわりを乗り切りましょう。

スポンサーリンク

妊娠中

Posted by saku