母乳育児で痩せるって本当?筆者は減量できたのか!?

母乳 育児 痩せる

母乳育児で痩せることはできるのでしょうか。

妊娠で増加した体重が、母乳育児で自然に痩せられたらラッキーですよね。

この記事では、母乳育児で痩せるのかどうか、筆者はどのような母乳育児で何キロ痩せたのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

母乳育児をすると痩せるの?

母乳が身体で作られ授乳されることによって、たくさんのエネルギーが消費されます。

母乳育児中は、ママが食べすぎたりせず、消費カロリーが摂取カロリーを上回れば自然と痩せていきます。

母乳育児で痩せない場合もある

母乳を与えていても、ママの摂取カロリーが消費カロリーを上回れば痩せません。

筆者の周りの母乳育児経験者の中にも、母乳育児をしても痩せなかった、という人たちがいました。

母乳育児で痩せるかどうかは、赤ちゃんの母乳を飲む量、消費と摂取カロリーのバランス、完母かミルクとの混合育児か、などによって個人差があるので、一概に痩せるとは言えないようです。

筆者は母乳育児で痩せました

第一子出産後の筆者は、母乳育児で出産前の体重まで痩せました。

産後は、とにかくお腹がすいていたのでしっかり食事もとり、夜中の授乳時もお腹がすいてお菓子を食べることもありましたが、少しずつ体重が減っていきました。

ちなみに、第一子妊娠中の最終的な体重の増加は、妊娠前の体重からプラス約9キロでした。

そして出産によって、体重は3キロほど減少。

その後の母乳育児によって、6キロほど痩せたことになります。

筆者の母乳とミルクのバランスはどうだったのか

筆者は、ミルクとの混合育児の時期もありましたが、母乳を与える方が多かったのだと思います。

生後3か月ぐらいまで

母乳とミルクを混合で飲ませていました。

当時の育児日記を見てみると、泣くたびに母乳を与えていたので、1~3時間に1回ぐらい母乳を与えていました。

ミルクは、一日2回程度だったようです。

こうして振り返ると、母乳を与える方が多かったようです。

生後3か月から離乳食期間

生後3か月ぐらいから、子供が哺乳瓶を拒否してミルクを飲まなくなったので、離乳食が始まるまでは完母でした。

離乳食が始まってからも、食後、風呂上がり、夜泣きのたびに飲ませていました。

卒乳後の体重増加に注意

筆者の第一子は、1歳半で卒乳しましたが、卒乳に向けて母乳を飲む量を少しずつ減らしていきました。

母乳育児中はたくさん食べても太らなかったのですが、母乳を飲ませる量が減った途端すぐに体重が増加し始めました。

子供が1歳4か月ごろには、2キロ増量していました。

たくさん食べるクセがついていたり、母乳育児中に食べる量と同じ量を卒乳後も食べ続けるとあっという間に体重が増えるので、お気をつけください!

母乳育児に疲れたら無理しないで

筆者は、結果的には母乳育児で痩せたのですが、エネルギーも使うし寝不足も加わり、けっこうしんどい時もありました。

特に母乳育児にこだわっていたのではないですが、ミルクを作るより楽だったし、子供が泣けばとりあえずおっぱいかな、という理由で母乳を与える割合が多かったのだと思います。

母乳で痩せたのはメリットでしたが、疲れた時は無理せずにもっとミルクに頼ってもよかったかな、と思っています。

母乳育児はエネルギーを使うので、無理せずママも栄養をたっぷりとって、休める時は身体を休めてくださいね。

スポンサーリンク