母乳パッドは必要なの?筆者はいつから準備したのか

母乳 パッド 必要

母乳パッドはどんな時に必要なのでしょうか。

どうして必要なのか、産前の準備段階では分からないこともありますよね。

母乳パッドの必要性や種類、筆者はいつ準備したのかなど実体験に基づいてご紹介します。

スポンサーリンク

母乳パッドはどんな場合に必要か

母乳の出る量には個人差がありますが、赤ちゃんの母乳を飲む量が増えると、作られる母乳量も増えていきます。

そして、おっぱいに母乳が溜まってくると、自然と母乳が出てきて下着や服を濡らしてしまいます

そんな時に必要になるのが、母乳を吸収してくれる母乳パッドです。

筆者は母乳パッドをいつ準備した?

筆者は産前、母乳の出が良いのかどうか想像もつかなかったのですが、産院から入院の際に持ってくるように言われていたし、産後慌てないためにも念のため出産前から準備していました。

まずは買いやすくて使いやすい、使い捨ての母乳パッドを購入しておきました。

実際は、産後すぐには母乳が少なく、母乳パッドは必要ないぐらいだったのですが、数日経つと必要になったので、あらかじめ買っておいて慌てずにすみました。

※母乳の出方には個人差がありますので、購入していても使うことがなかった、という場合もあります。

こんな時母乳パッドをしていてよかった

筆者の場合、授乳の真っ最中、もう片方の飲ませていない方のおっぱいから母乳が勝手に出てくる時期がありました。

また、授乳間隔が空いておっぱいに母乳が溜まってくると、自然とぽたぽたと出てきました。

このように、母乳が勝手に出てくるぐらい母乳量の多い時期は母乳パッドをしておかないと服や下着を濡らしてしまうので、母乳パッドは必需品でした。

それに乳首のところに濡れたシミが出ていたらちょっと恥ずかしいですし。。

また、母乳が溜まりすぎておっぱいがカチカチになった時は、手で絞って少し出すようにしていたのですが、その母乳は使い捨ての母乳パッドに出してそのまま捨てる、という使い方もしていましたよ。

この時に使うのがタオルだと洗濯物が増えるし、ティッシュだと吸収性に欠けので、たくさん吸ってくれる使い捨てパッドが便利でした。

母乳パッドの種類

母乳パッドを購入する際の参考にしてみてください。

好みやお肌との相性で使い分けてみて下さいね。

使い捨てタイプ

母乳をよく吸収してくれます。

使用後はそのまま捨てられるので、忙しく疲れも溜まっている子育て中にはとても便利です。

筆者も当初は使い捨てタイプを使用していました。

布タイプ

洗って何度も使えるので、経済的でゴミも減らせます。

また、お肌に優しい素材のものが多く、デリケートなおっぱいを守ってくれます。

ガーゼハンカチで代用

筆者は当初、使い捨てタイプを使用していましたが、以下↓

母乳パッドでかゆい!かゆみからおっぱいを守る方法

のような出来事があったため、途中からガーゼハンカチを母乳パッドとして使っていました。

デメリットとしては、吸収力が弱く、清潔のためにこまめに交換するので洗濯物が多くなることです。

しかし、気軽に購入できるし、お肌にも優しかったので卒乳までデリケートなおっぱいを守ってもらいました。

服を濡らしてしまうなら母乳パッドがあると良いです

筆者は、母乳が出るのか出ないのかは産んでみないと分からなかったので、母乳パッドが必要になるのかは産前から判断できませんでした。

しかし、産院から持ってくるよう言われていたし、産後慌てない為にも使い捨てのものを念のため、産前から準備していました。

産後、母乳が自然と出てきて服に染みてしまうようになると、母乳パッドが必要になりました。

産後の皮膚はデリケートだな、と筆者は実感しているので、おっぱいを優しく守ってくれる相性の良いものを選んでくださいね。

スポンサーリンク