出産内祝いとは?実際こんなお返しをしました

出産 内祝い とは

出産内祝いとは、どのようなことをするのでしょうか。

マナーや金額、何をお返しすればよいのかなど、少し難しそうですよね。

ここでは出産内祝いとは何なのか、筆者がお返しした内祝いや心掛けたことをご紹介します。

スポンサーリンク

出産内祝いとは?

出産で頂いたお祝いに対するお返しのことです。

内祝いの金額は、頂いたお祝いの3分の1~半額の金額を目安にするのが基本です。

そして、遅くても生後2か月までには送るのがマナーです。

筆者の場合、生後2か月を過ぎてからも出産祝いを頂くことが多かったのですが、なるべく早めにお返しするようにしていました。

お住まいの地域によって、内祝いの傾向や慣習などがあるかもしれないので、その土地に詳しい親や親戚や友人などに相談することも大切です。

筆者が内祝いで心掛けたこと

筆者が内祝いをするにあたって心掛けたことは、皆さんに同じものをお返しするのではなく、地域性や家族構成、世代などを考慮することでした。

筆者はどんな内祝いでお返しをした?

筆者が第一子を出産した時は、内祝いのカタログを取り寄せて主にそこから注文しました。

のしや包装紙も選べて便利でしたよ。

現金に対する内祝い

現金でお祝いをくださったのは、主に筆者夫婦の叔父叔母、夫の祖父でした。

地域性や慣習などあるかもしれないので、お互いの両親に相談して決めました、

・筆者の叔父叔母へは商品券を

筆者の両親に内祝いの相談をしたところ、現金に対してのお返しは半額の商品券にしている、とアドバイスをもらったので、住む土地で使いやすい半額分の商品券をお返ししました。

・夫の叔父叔母、祖父へは品物を

夫の両親に相談したところ、品物がよい、ということだったので叔父叔母へはお菓子やタオルなど、実用的なものや家族みんなで食べられるお菓子をお返ししました。

そして、夫の祖父へは夫婦で選んだ洋服をお返ししました。

お返しの品物の金額は、頂いたお祝いの約3分の1~半額の金額にしました。

品物に対する内祝い

主に友人からの出産祝いで、赤ちゃんのおもちゃや服などを頂きました。

お返しは、家族構成や年代を考慮して、お菓子やジュース、アイス、コーヒーなど食品を中心にお返ししました。

品物に対するお返しの金額を決めるのはなかなか難しかったですが、大体の金額を予想してこちらも3分の1~半額ぐらいの商品をお返ししました。

内祝いは心を込めて

筆者もありがたいことに、たくさんの出産祝いを頂きました。

内祝いはみんな同じものではなく、なるべくその人に合ったものをお返しするよう心掛けました。

せっかく祝福して頂いたのですから、心を込めてお返しをしたいですね。

スポンサーリンク