出産準備はいつまでにする?筆者おすすめグッズもご紹介

2020年8月16日

出産 準備 いつまで

出産準備はいつまでにするのがよいのでしょうか。

身体の負担を考えたり、いつ入院になっても良いように早めの準備が大切です。

出産準備はいつまでにしたら良いのか、また準備品リストや筆者のおすすめグッズもご紹介します。

スポンサーリンク

出産準備はいつまでにしたらよいのか

お腹が大きくなると思うように動けなかったり、お買い物中にお腹が張って辛い場合があるので、妊娠9か月(妊娠35週)までにはほぼ準備を終えておきましょう。

また、妊娠中は急な入院になる場合もあるので、余裕をもって準備しておきましょう。

筆者はいつまでに準備していたのか

第一子

妊娠31週(8か月)ぐらいまでには、ほぼ準備を終えていました。

筆者は31週に実家に里帰りをしたので、夫と離れて暮らす前に夫婦で必要なものを揃えるようにしました。

第二子

筆者は執筆現在、第二子妊娠中です。

現在妊娠8か月ですが、まだ準備を終えていません。

一人目に使ったもので代用するので、今回は消耗品やベビー服を買い足す程度になりそうです。

でも8か月以内に準備は終えたいと思っています。

ちなみに、今回入院する産院は、妊娠30~32週にはお産入院の準備を終えておくようにアドバイスをしています。

時期別、出産準備リスト

おおまかな時期別の準備品をご紹介します。

妊娠発覚~6か月ぐらいまで

つわりやお腹が出てきたりと、少しずつ身体の変化が出てくるので、まずは自身が快適に過ごせるようにマタニティ用品から揃えましょう。

・マタニティ下着、マタニティウエア

・ボディケア(妊娠線予防など)用品

・葉酸サプリ

・母子手帳ケース(通院時に診察券なども入れたりできます)  ・・・etc

妊娠7・8か月

赤ちゃん用品を徐々に揃えましょう。

・沐浴グッズ

・ベビー用ケアグッズ(保湿クリームなど)

・おむつ関連グッズ

・授乳グッズ(哺乳瓶や洗浄用品など)

・ねんねグッズ   ・・・etc

妊娠9か月

入院に向けたグッズも用意しましょう。

・入院グッズ(入院先の産院からリストをもらうこともある思います)

・お出かけグッズ(チャイルドシートや抱っこひもなど)

・赤ちゃんの服類   ・・・etc

産後

産まれてみないと何が必要になるか分からないので、必要になったらご家族に買ってきてもらいましょう。

・おむつ関連グッズ

・ミルク

・乳首ケアクリーム   ・・・etc

筆者のおすすめグッズ

ローライズのマタニティショーツ

お腹をすっぽり覆うマタニティショーツの締め付けが苦手な方におすすめです。

通常のローライズショーツも履けますが、妊娠中は出血がある場合もあるので、すぐわかるように股当てが白地のタイプのものを選びましょう。

授乳対応ブラキャミ

つわりが始まるとブラの締め付けさえも気持ち悪く、妊娠初期の頃から胸の張りもあったので、ブラはやめて早々にブラキャミに変えました。

授乳にも対応できるものにすれば、産後の授乳期にも使えます。

新生児から使える抱っこひも

第一子の時は、使用開始時期(月齢や体重)に制限のあるタイプのものを買ったのですが、ワンオペ育児をする時にまだ抱っこひもを使えないのはとても不便でした。

第二子が産まれる今回は、上の子のお世話もあるので新生児から使える抱っこひもを新たに購入しました。

たためるベビーバス

空気を入れて膨らませて使うベビーバスです。

使わない時は小さくしておけるので、第二子出産まで場所をとらずに収納しておけます。

出産準備は余裕をもって

妊娠中は、急な入院や体調不良が起きる場合もあります。

それにお腹が大きくなってからの準備は、思うように身体が動かずに大変です。

マタニティ雑誌やネット、先輩ママたちのアドバイスを参考に、楽しみながら余裕をもって準備をしましょう。

スポンサーリンク

妊娠中

Posted by saku